上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAVDefUpdateService

ベクター
窓の杜

NAVDefUpdateServiceは、サービスとして常駐して、自動でIntelligent Updaterの更新をチェックして、自動適用してくれるツールです。

Norton先生を雇われている方にはもうおなじみのLiveUpdateは、緊急時をのぞいて、週1回しか、ウィルス定義ファイルを更新してくれません。今はかなりこまめに更新してくれるようになりました。
それに対して、Intelligent Updaterは、新しい定義ファイルが公開されるたびに、リアルタイムで更新されていきます。
つまりこちらの方で新しい定義ファイルを適用する方が、より安全だということ。

Intelligent Updater:
ウイルス定義ファイル作成日: June 21
ウイルス定義ファイルリリース日: June 21
Norton AntiVirus Corporate Edition
ウイルス定義ファイルバージョン: 70621h
シーケンス番号: 45991
拡張バージョン番号: 6/21/2005 rev. 8
ウイルス対策済み数: 69836

LiveUpdate:
ウイルス定義ファイル作成日: June 15
ウイルス定義ファイルリリース日: June 15
Norton AntiVirus Corporate Edition
ウイルス定義ファイルバージョン: 70615h
シーケンス番号: 45826
拡張バージョン番号: 6/15/2005 rev. 8
ウイルス対策済み数: 69799

Norton AntiVirus for Mac
ウイルス定義ファイルリリース日: June 16

LiveUpdateは確か木曜日のみの更新なので、
水曜日の夜なんかは6日分古いファイルを使っていることになります。

NAVやNISを使われている方、また、SymantecAntiVirusを
導入している企業の担当者の方にオススメ。

#追記
NIS2005は、自動LiveUpdateを約四時間に一回行うようです。
この間隔を調整することができず、ゲーム中に
自動LiveUpdateで処理が重くなったりといったことが
しばしばありました。これをどうにかしたい、というのも
導入の理由の一つです。(´・ω・)ヘタレナリユウ

#追記2008/07/09
 LiveUpdateによるウイルス定義ファイルの更新頻度について訂正しました。

コメントの投稿

非公開コメント

about Toyolina

Toyolina

Author:Toyolina
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。