上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[家電] REGZA 46Z7000がやってきた

昨日からうちのリビングに鎮座しています。安くなりましたね、ホントに。

ちなみに予算は上限30万円ということで選んだんですが、これはあとから予算が拡大した結果で、当初は20万円でした。その価格帯だと37-42インチだね、ということで、当初からREGZAを買うつもりでいたのです。実はこのサイズはフルHDならプラズマもあり液晶もありでかなりの激戦区です。なぜ早々とREGZAにしたかというと、それは37Z3500が去年ほしかったのですが買えずじまいだった、それだけの理由です。

そして、ZH7000は少々値が張る為、37Z7000、42Z7000、40FH7000の三つで迷っていたのですが、 西川善司の大画面☆マニア 第103回を読んで、Z7000に絞ることにしました。

というのも、FH7000はD端子が1系統しかないとわかったからです。パネルについてはIPSでもVAでもどうでもよかったんですが、D4端子の数が少ないのは、未だHDMI機器がない我が家では死活問題です。

アナログビデオ入力端子は「ビデオ1~3」というくくりで3系統に集約される。ビデオ1はコンポーネントビデオ系のD4端子とコンポジットビデオ端子の排他仕様、ビデオ2はS2ビデオ端子とコンポジットビデオ端子の排他仕様で側面と背面に1系統ずつ実装される。

デジタルCATVとHDDレコーダを繋ぐ必要があるのですが、どちらもD端子でテレビに繋いでいました。つまりD端子が二つないと困るのですが、FH7000にはD端子が一つしかない。この時点で選択肢から外れる結果となりました。

なお、REGZAの一つの売りである録画機能については外付けHDDをどちらも接続出来るので(Z7000はUSB、FH7000はeSATAと違いはありますが)、これも選択の際には材料とはなっていません。

こうして、37/42Z7000、あとは価格次第、となったところで父者が登場しました。彼曰く、「デカイ方がええやろ、せっかく買うんやし」とのことで、資金投入してきたのでした。設置面積としては42も46も幅で10センチ程度しか違いません。高さは無視出来る程度の差しかありませんし、前述の通りパネルにもこだわりはないので、46Z7000を購入したという次第です。

しかし一緒に買ったTVボードがまだ届いていないので、現在床に直置きです。HDDレコーダもCATVチューナも床に積んでいます。はやく届いてほしいものです。

about Toyolina

Toyolina

Author:Toyolina
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。